スーツを着た男性

相続が争続とならないため

総合的に解決する弁護士

黒い印鑑

高齢の方の増加により、今後相続に関する問題が多く起こってくることが予想されています。相続は争続とも言われるほど、親族間の争いとなることが多いものです。私の親族に限ってそんな争いは起きないと考えられている方も多いでしょう。しかし、万が一のことも考え、余裕を持って予め相続に備えておけば、いらぬ心配をする必要はなくなります。 しかし一言で相続と言っても、状況は人それぞれです。その状況に合った対策をしておかなければ、意味がありません。そのため専門的な知識が必要です。しかも総合的に判断できなければなりません。そこで相続に関する相談をしたいのが、弁護士です。弁護士は訴訟だけを扱っているのではありません。弁護士は、相続に関する問題を総合的に解決してくれます。

争いの種を事前に解決

争続とならないためには、遺言書を作成することは重要です。しかし遺言書は正しい書式にのっとり書かなければ無効になります。また遺言書を作成したとしても、遺言書に書かれているとおりに執行されない恐れもあります。しかし遺言書を作成する際に弁護士に相談をすれば適切な遺言書を作成できるほか、遺言執行者を弁護士に指定しておけば、遺言書のとおりに執行してくれるため心配をする必要はなくなります。 また、誰にどの遺産を遺すのかということは争いの種になります。そこでも弁護士は活躍してくれます。争いが起きないような分割を提案してくれるほか、争いが起こりそうなら話し合いにより調整を行ってくれるのです。 また相続税の改正により、相続税の心配をされている方もいらっしゃるでしょう。弁護士事務所では税理士と連携しているところも多くあるため、相続税に関する相談も同時にすることができるのも、弁護士に相談することの大きなメリットです。 亡くなった後に後悔しても、どうすることもできません。争いが起きてしまわないように、余裕を持って弁護士に相談したいところです。

オススメコンテンツ

不当解雇の解決

ノートを付ける人

不当解雇は民事上の問題であり、行政機関から指導が行われることはなく、当事者間で話し合うか、究極的には裁判といった流れになる。不当解雇問題の自力解決はかなり難しいため、法律の専門家である弁護士に相談をし、主張の組み立て、解決に至るまでの道筋をつけてもらうことが解決の近道である。

More...

弁護士の活用

二人の男性

今日は弁護士に必要な専門性がより高度になっているため、弁護士の得意分野が細分化しています。ですから、離婚に関しても家庭問題専門の弁護士に相談することが重要です。また、離婚にまつわる義務には一般人がなかなか知らない婚費のような離婚前から生じる義務もありますから、早期からの相談が重要です。

More...

プロにまかせて正確に

手帳とペン

相続に関する問題というものは色々と複雑なものであり、法律の専門家といっても担当分野一人一人異なっている点は注意が必要です。よって川越で相続関係の依頼をする場合においても、依頼内容と担当分野が合っているか確認してから申し込みの依頼をするのが正しい利用法となります。

More...